Dein Slogan kann hier stehen

膠原蛋白 再生 ナビ ソニー

膠原蛋白 再生 ナビ ソニー この研究は、骨形成タンパク質-2(rhBMP-2)を浸漬したコラーゲン膜(CM)がインプラント裂開欠損の治療に及ぼす影響を決定するために考案された. (i)コラーゲン合成骨(OC)およびrhBMP-2(BMP群)を浸したCM、(ii)生理食塩水(非BMP群)を浸したOCおよびCM、およびiii)5匹のイヌの各欠損に3つの処置群を割り当てた。 )さらなる治療はない(対照群). BMP、非BMPおよび対照群ではそれぞれ75mm 3;対応する中央値の最初の骨 - インプラント接触(fBIC)距離は3であった. BMPおよび非BMP群をプールしたピンの配置は、骨再生を有意に改善した:増強量は17. CMにrhBMP-2を添加すると、4週間後に非浸潤CMを使用した場合と比較して、インプラント周囲の裂開欠損の骨再生を改善することができなかった. コラーゲン膜(CM)を用いた誘導骨再生(GBR)は、露出したインプラント表面をうまく増強することができることを実証する多くの臨床および前臨床試験を用いて、局所的なインプラント骨欠損を増強するための十分に文書化された治療法である . しかしながら、このタイプの再吸収性膜は、カバーフラップからの圧力に起因するとされている不十分な空間維持をもたらすようであり、その結果、膜の崩壊 . 組換えヒト骨形成タンパク質-2(rhBMP-2)は、骨再生を有意に改善する骨形成特性をよく有している(10 13). 最近のレビューはまた、rhBMP-2が骨再生のための最も有望な生物活性分子であると考えている[14]. 臨床的考察は、歯科インプラントを補綴的に理想的な位置に配置する必要があることを意味し、これはしばしば頬側裂開欠陥. この種のインプラント欠損のための局所骨再生のための様々な骨代替材料と組み合わせたrhBMP-2をいくつかの前臨床試験および臨床試験で評価した[10,11,17,18]. これらの研究のすべてにおいて、RhBMP-2を骨代替物質と組み合わせた。これにより対照群と比較して良好な治療成果および優位性が得られたが、骨代替材料をrhBMP-2に浸漬する臨床適用性によって、結果はある程度議論の余地があり、制限されていた.

膠原蛋白 再生 ナビ ソニー ウォークマン

1つの選択肢は、rhBMP-2のキャリアとしてCMを使用することであり、これは、豊富な間葉系細胞を含む高度に骨形成性の骨膜に近い. さらに、欠陥の外側に急速に骨が形成されると、より安定した拡張領域が得られる可能性がある. この仮定に基づいて、Changらは、一次水平骨増強のためのrhBMP-2のキャリアとしてCMを使用し、コンセプトの証明を実証した . したがって、本研究の目的は、移植片周囲の裂開欠損の治療のためのrhBMP-2に浸したCMの効果を決定することであった. 実験材料以下の材料をこの研究で使用した:(1)サンドブラスト処理され酸でエッチングされた表面を有するチタンインプラント(3. 直径8mm、長さ8mm)(Implantium、Dentium、Seoul、Korea). (2)粒状骨代替物質[70%ヒドロキシアパタイト(HA)および30%リン酸三カルシウム]およびI型コラーゲンからなるコラーゲン合成骨(OC; OSTEON Collagen、Dentium). (3)HA粒子(HAコラーゲン膜、ジェノス、水原、韓国)を含有する再吸収性CMは、. 次いで、第2小臼歯から第1小臼歯への溝切開を行い、頬側歯肉に2つの垂直切開を行った. 頬骨プレートを除去し、5mm(冠 - 冠状の幅)5mm(頬 - 口の深さ)の寸法を有する急性欠損を生じ、第2小臼歯から第4小臼歯まで伸びた. インプラントの配置とガイド骨の再生数週間後、歯科インプラントを配置し、同時にGBRを実施した(図1).

膠原蛋白 再生 ナビ ソニー ニュース

フラップ反射後、治癒した隆起部を平坦化し、3つのインプラントを、そのプラットフォームを舌骨紋部と同一面に配置した. rhBMP-2(BMP群)を浸したHA粒子を含有するCMおよびCMを以下の3つの治療様式(図2(c)):( 1). 図1:手術デザインの概略図:(a)BMP群、(b)非BMP群、および(c)対照群. 青色の円、骨代替材料;暗赤色系、rhBMP-2を浸したCM;緑色の線、生理食塩水を浸したCM; BMP群、rhBMP-2を浸したCMで覆われたシリンダー型骨代替材料;非BMP群、生理食塩水を浸したCMで覆われたシリンダー型骨代替材料;対照群、これ以上の治療はない. 図2:インプラント裂開欠損に適用された骨増強手順の臨床写真(a)インプラント配置後の頬側および(b)咬合面、(c)グループ割り当てに従って裂開欠損に対して行われたGBR治療. 対照群を中心インプラント部位に配置し、BMPおよび非BMP群を近心および遠位インプラント部位にランダムに割り当てた. 対照群は、BMP分子の隣接する群への影響を最小限にするために、常に中心インプラント部位に位置し、BMP群および非BMP群は、近心または遠位インプラント部位に無作為に割り当てられた. BMP群では、移植片周囲の欠陥にOCをグラフトし、rhBMP-2を浸したHA粒子を含むCMで覆った. 非BMP群では、OCはインプラント周囲欠陥に移植され、次いで生理食塩水を浸したHA粒子を含むCMで覆われた. 5匹のイヌのうち2匹のうち2匹のチタンピン(Frios membrane tacks、DENTSPLY Implants、Mannheim、Germany)を用いてBMPおよび非BMP群の膜を安定化させたが、残りの3匹の犬. イヌは、インプラント配置およびGBR手術の4週間後、ペントバルビタールの過剰摂取により犠牲にされた. 放射線画像解析マイクロCT(SkyScan 1072、SkyScan、Aartselaar、Belgium)を用いて標本を走査し、インプラントを取り巻く再生組織を代表する全拡張容積(TAV、mm 3)を測定した。.

膠原蛋白 再生 ナビ ソニー ニュース

ミネラル化された組織は、39〜52のグレイスケール値(放射線不透過性組織として定義される)によって画像に示されると考えられ、. TAVの下側境界は、インプラントプラットフォームの3mm下方に位置し、冠状血管境界は、放射線不透過性組織の最も冠状の位置によって画定された. TAVの頬側延長は、インプラントの中心から最も頬側の放射線不透過性組織(インプラント表面に対して90の角度). TAVの近遠心境界は、インプラント表面の中心から7mmの垂直線によって制限された(図3). (a)TAVの下側境界は、インプラントプラットフォームの3mm下方に位置していた. TAVの頬側延長は、インプラントの中心から最も頬側の放射線不透過性組織(インプラント表面に対して90の角度). (b)TAVの近遠心境界は、インプラント表面の中心から7mmの垂直線によって閉じ込められた. 骨再生の同定を容易にするために、OnDemand 3Dソフトウェア(Cyber​​med、Seoul、Korea)を用いて、増強された全材料を塗装した(図5). 【図4】(a)ピンを有するBMPグループ、(b)ピンを有する非BMPグループ、(c)ピンを有さないBMPグループ、(d)ピンを有さない非BMPグループ、および(e)対照群. BMPおよび非BMP群では、増強領域の形状は、ピンの使用によって主に影響されるようであった. 図5は、(a​​)ピンを有するBMPグループ、(b)ピンを有する非BMPグループ、(c)ピンを有さないBMPグループ、および(d)ピンを有さない非BMPグループの全拡張領域の3次元再構成カラーコード化画像. GBRのないピンおよび制御部位を有さない部位とは対照的に、ピンを有する試験片には、インプラント周囲の欠陥が観察されなかった. 組織学的分析インプラントおよび周囲の硬組織および軟組織を含む移植部位を含むブロッブ標本を採取し、10%中性緩衝ホルマリン中で10日間固定した.

膠原蛋白 再生 ナビ ソニー エクスペリア

次いで、試験片をトリメチル化し、エタノール中で脱水してから、メチルメタクリレート. 標本を頬側平面内のインプラント部位の中心で切断し、ヘマトキシリン - エオシンおよびマッソンズ・トリクロームで染色した. 記載された組織学組織学的切片を、インプラント、新生骨形成、骨置換材料、非ミネラル化組織、および残りのインプラント周囲欠損などの関連する構造を同定するために、光学顕微鏡(BX-50、Olympus Optical、Tokyo、Japan). インプラントプラットフォーム(P)、最初の骨 - インプラントコンタクト(B)、および最先端の骨 - インプラントコンタクト - 以下のランドマークを評価するために、画像解析プログラム(Adobe Photoshop CS6、Adobe Systems、San Jose、CA、USA)冠状頬側骨(BC)(図6). P、インプラントプラットフォーム; BC、大部分の冠状頬骨; B、最初の骨 - インプラント接触;赤い箱、AOI. (1)インプラントプラットフォーム(P)と最初の骨インプラントコンタクト(B)との間の距離(fBIC、mm)以下の線形測定が行われた。. (2)最も冠状頬側骨(BC)とインプラントプラットフォーム(P)との間の垂直距離(P-BC、mm). (3)インプラントプラットフォーム(P)とインプラントプラットフォーム(P)との間のインプラント表面に沿って測定され、4mmの先端に伸びる骨インプラント接触(BIC、%). 面積/表面測定AOI(矩形関心領域)は、インプラントの頬側に定義され、以下の寸法を含む:コロナル(インプラントプラットフォーム)、先端(インプラントプラットフォームに向かって4mm先端)、および水平インプラント表面). 一元配置分散分析およびボンフェローニ事後検定を用いて、CMをrhBMP-2溶液に浸漬することの臨床的利益を評価した. 臨床所見すべてのイヌは健全であり、実験を通して裂開裂開または膜曝露は検出されなかった.

膠原蛋白 再生 ナビ ソニー ウォークマン

BMPおよび非BMP群では、増強領域の形状は、ピンの使用によって主に影響されるようであった. GBRのないピンおよび制御部位のない部位とは対照的に、ピンを有する試験片には、インプラント周囲の欠陥が観察されなかった(図5). 表2:ピンの使用に従ってプールされたBMPおよび非BMP群のデータを用いた、放射線写真および組織形態計測の結果. 、BMPおよび非BMP)、骨​​形成は一般にインプラント表面に沿って観察された(図7). しかし、欠陥の解決は一貫しておらず、両方の群のいくつかの標本は完全な再生を示し、他の標本はインプラント骨欠損. 対照部位では、インプラント周辺欠陥のサイズは、増大前のものと類似しているようであった. 裂開欠損の完全な分解は、ピンを用いてBMPおよび非BMP群の組織標本において一貫して観察され、新しい骨が骨欠損の先端境界および骨代替粒子の周りに形成された. 対照的に、骨代替粒子の位置は破壊され、ピンのない群では骨の再生は均一に起こらなかった. 図7:GBRの結果を示す組織学的図(a)ピンを有するBMP群、(b)ピンを有する非BMP群、(c)ピンを有さないBMP群、(d)ピンを有さない非BMP群、. 完全な再生を示すBMP群と非BMP群の両方でいくつかの標本によって示されたように、欠陥解決の結果は一貫していなかった。. BMPおよび非BMP群の組織標本では、裂開欠損の完全な解決がピンを用いて一貫して観察されたが、骨置換粒子の位置は破壊され、ピンのない群では骨再生は均一に起こらなかった.

膠原蛋白 再生 ナビ ソニー ニュース

対照部位では、インプラント周囲欠陥のサイズは、増大前の状況と類似しているようであった. BMP、nonBMP、および対照群ではそれぞれ56mmであり、対応するメジアンBIC値は11であった. 測定された組織形態計測値およびX線写真値(組織形態計測分析におけるRBSを除く)はすべて、ピンの使用に従って10個の標本が分割されたときにピンの有無によって有意に異なった(表2). 考察本研究では、(i)rhBMP-2をCMに添加してもインプラント骨再生を有意に改善しないこと、および(ii)ピンを用いたCMの固定は、ピンを用いないCM. この研究は、インプラント裂開欠損における誘導骨再生のためのrhBMP-2の担体としてのCMの有用性を評価するために考案された. 動物および30mmのインプラント欠損を用いて同様のプロトコールを用いたこれまでの実験は、このモデルが臨床研究に対する有効な代替物として役立ち得ることを示した . 種々の前臨床モデルは、rhBMP-2が創傷治癒の初期段階で主に骨形成を促進することにより骨再生を改善することを実証している . さらに、ヒトよりも犬の治癒時間が2倍短いことが報告されており、これまでの実験と比較してrhBMP-2の有効性を評価する際に、. 本研究では、4週間での骨形成は、未処理の対照部位(22%)よりもGBR群で(47%まで)高かった. これは、コントロール部位と比較してGBR群の骨形成がより大きいと報告したのと一致しているが、これらの結果は、8週間および16週間のより長い治癒期間 . しかし、本研究のCMにrhBMP-2を添加した場合、4週間の治癒の初期段階で生理食塩水に浸したCMと比較して、骨再生に有益ではなかった. 治癒期間を除いて、これらの2つの研究の間の他の主な相違点は、使用された担体材料の種類. rhBMP-2のキャリアとしてCMを使用することにより、膜と骨膜との近接に起因する骨膜の骨誘導性を高めることができると推測された.

膠原蛋白 再生 ナビ ソニー ニュース

このような位置にあるrhBMP-2担体は、欠陥領域の境界でより速く骨再生をもたらし、理想的にはシェル様の骨形成をもたらし、再吸収可能な非空間維持の欠点をさらに補うことができると推測された膜. しかしながら、この結果は、本研究では観察されず、いずれの試料においても殻様の骨形成は観察されなかった. 現在の研究と類似のGBRプロトコールおよび材料を用いた予備研究では、組織形態計測分析により、rhBMP-2を負荷した膜を有する群の膜にrhBMP-2を負荷した群よりも新しい骨が膜により近く形成されることが明らかになった骨代替材料. これは、rhBMP-2負荷膜を有する群の膜の真下に形成された新しい骨として観察された. これらの2つの研究の間に観察された骨再生パターンの相違は、異なる治癒期間(8週間対4週間)、インプラントの配置対GBR単独、および固定ピンの使用によるものであろう. これは、種々の材料の組み合わせを用いたGBR部位の安定性に対する創傷閉鎖の影響を評価した2つのインビトロ研究によって支持された。これは、骨置換材料が創傷閉鎖. しかしながら、CMは全ての場所で使用されており、このタイプの膜は機械的に弱く、圧縮力に耐えることができないことがよく知られている. しかしながら、この研究は、さらなる固定ピンを適用することによって、インプラント肩のレベルで膜の変位を50%減少させることができることを実証している. 臨床勧告は、CMが粒状グラフト材料と組み合わせて使用​​されるときに固定ピンを追加することであった . 実験方法を標準化することができなかったのは、太い剛性の皮質骨にピンを変形させることなくピンを固定することができなかったためであった. しかし、硬質の骨プレートにGBRを施す場合、ピンよりも強度の良いミニスクリューのような別の固定材料を使用することが考えられる. 固定ピンとは別に、より剛性の遮断膜またはより安定なグラフト材料は、増強部位を安定化する上でさらなる利点を提供する . これは、本研究では、I型コラーゲンマトリックスとHA被覆CMとの円筒形の合成骨代替材料を組み合わせることによって実施された. コラーゲンマトリックスを組み込んだこの骨代替材料は、圧縮力に抵抗し、増大した隆起体積を支持すると考えられた . HAで被覆された類似の膜を使用するインビトロ研究は、著しく向上した化学的安定性および膜の改善された機械的構造を示した .

膠原蛋白 再生 ナビ ソニー ウォークマン

さらに、架橋された化学構造はCMを硬くし、それによって崩壊のリスクを減少させた . しかしながら、臨床実験では、剛性の増加は、膜を取り扱い、それを欠陥部位に適切に適用することに大きな困難をもたらし、これは、移植材料の変位が回避され得ないことを意味した. この研究の成果は、比較的少数の実験動物、5匹のイヌのうちの2匹のみのピンの使用、最適ではない臨床転帰をもたらすメンブレンによる取り扱いの困難性、短い観察期間. この研究の結果を確認するためには、より多くの動物と適切な統計分析を必要とするさらなる研究が必要である. 結論rhBMP-2を担体材料としてCMに浸しても、rhBMP-2を含まない対照部位と比較して優れた骨形成は得られなかった. しかし、CMを安定化させるための固定ピンの使用は、インプラント骨再生に正の効果を及ぼした. データの入手可能性この試験の結果を支持するために使用されるデータは、要求に応じて対応する著者から入手可能である. Disclosureこの記事は、オセア統合のための欧州連合(EAO)の第26回年次科学会議(2017年10月5日7日、マドリード)で発表された. 謝辞本研究は、韓国政府が資金を提供する国立科学財団(NRF)の助成金(科学技術省、将来計画)(NO.
Diese Webseite wurde kostenlos mit Homepage-Baukasten.de erstellt. Willst du auch eine eigene Webseite?
Gratis anmelden